利用規約

利用規約

第1条 本規約について
1. 『電話占い アルカーノ』は、アルカーノ(以下「運営事業者」といいます)がインターネットを介して提供するオンラインサービス(以下「本サービス」といいます)の名称です。
2. 本規約は本サービスとその利用者(以下「会員」といいます)との一切の関係に適用されるものとします。
3. 本サービスの利用を希望する方(以下「入会申込者」といいます)及び会員は、本規約をお読みの上、本規約に同意いただいたものとみなされます。
4. 運営事業者は自らの判断により、本規約の記載内容を随時変更できるものとします。
5. 変更後の利用規約は運営事業者が別途定める場合を除いて、本サービスのサイト上に表示された時点より効力を有します。
6. 会員が本規約の変更後に本サービスを利用する場合、変更後の記載内容に同意したものとみなされます。
7. 運営事業者が本サービスにおいて別途諸規定を発表した場合、それらの諸規定は本規約の一部を構成するものとします。
8. 本サービスにおける諸規定と本規約の内容が異なる場合は、当該諸規定の内容が優先して適用されるものとします。
第2条 会員資格
1. 入会申込者は本規約に同意したことを運営事業者に明示したものとみなされます。
2. 入会申込者は自身が満18歳以上であることを運営事業者に申告し、その申告に虚偽がないことを認めたものとみなされます。
3. 入会申込者は自身の所有する電子メールアドレス、電話番号及び、運営事業者が必要に応じて求める情報を虚偽なく申告するものとします。
4. 入会申込者は運営事業者に承認されることにより会員となります。
5. 運営事業者は次の各号いずれかの理由により、入会申込者が会員となることを非承認とすることができます。(1)入会申込者が満18歳未満であった場合。
(2)入会申込時の申告内容に虚偽又は不備があった場合。
(3)入会申込者と同一人物、又は同一人物と運営事業者に判断された方が、過去に本規約や本規約を構成する諸規定の内容に違反し、その後退会していた場合。
(4)入会申込者と同一人物、又は同一人物と運営事業者に判断された方が、会員となることを過去に運営事業者が非承認としていた場合。
(5)入会申込者と同一人物、又は同一人物と運営事業者に判断された方が、既に会員である場合。
(6)その他、運営事業者が不適当と判断した場合。
6. 運営事業者は既に会員となった方に対して、前項各号の入会申込者と同じ条件を各適用し、各号のいずれかの理由によって、その会員としての地位を随時取り消すことができます。
第3条 本人確認
1. 運営事業者の承認により会員となった方には、運営事業者から本人確認用の「会員ID」及び「パスワード」が貸与されます。
2. 会員は入会申込者であった時点に申告した電子メールアドレスを、運営事業者との連絡用電子メールアドレス(以下「登録アドレス」といいます)として使用するものとします。
3. 運営事業者が会員に貸与する「会員ID」及び「パスワード」は「登録アドレス」に対して通知されます。また「会員ID」を直接通知する代わりに「登録アドレス」によって代用される場合があります。
4. 会員は本サービス上の所定の方法により、自身の「登録アドレス」を運営事業者に通知することによって、その「登録アドレス」宛に「パスワード」の再送を希望することができます。
5. 会員は「会員ID」及び「パスワード」、又は「登録アドレス」及び「パスワード」を用いて、自身が運営事業者から承認された会員本人であることを証明し、その証明された資格によって本サイトを利用することができます。
第4条 メール配信
1. 運営事業者が「登録アドレス」に対して、定期的又は随時にメール配信を行うことを会員は承諾するものとします。
2. 会員は配信不要の意思を運営事業者に通知することにより、前項のメール配信を解除することができます。ただし、本サービスの運営上、周知の必要性があると運営者が判断する情報については、解除に関わらずメール配信できるものとします。
3. 会員への個別の連絡業務については、前項の規定に関わらず運営事業者から会員にメールを送信できるものとします。
第5条 会員の責務
1. 会員は「会員ID」及び「パスワード」、又は「登録アドレス」及び「パスワード」を自己の責任において厳重に管理し、不正利用の防止に努めるものとします。
2. 会員が自身の行為によって「パスワード」を変更した場合も、変更後の「パスワード」を自己の責任で管理するものとし、自身が運営事業者から承認された会員本人であることの証明に用いるものとします。
3. 会員は「登録アドレス」が自身で管理不可能になる場合、前もって運営事業者にその旨を通知し、自身が当該会員本人であることを証明できる方法において、自身が管理する別の電子メールアドレスを新たな「登録アドレス」として運営事業者に申告するものとします。
4. 前項の「登録アドレス」の申告がない場合、又は申告の不備により、会員に不利益等が発生したとしても、運営事業者は一切その責任を負わないものとします。
5. 「会員ID」「パスワード」「登録アドレス」が第三者に利用されたことによって損害等が生じた場合、その帰責事由の有無に拘わらず、運営事業者はいかなる責任も負わないものとします。
6. 会員は本サービスの利用にあたって必要なコンピューター機器、インターネット通信環境、ソフトウェア、その他の環境を自己の責任において用意し、使用するものとします。
7. 会員は自己の責任において本サービスを利用するものとし、本サービスの利用における一切の行為、及びその結果について一切の責任を負うものとします。
8. 会員が本サービスを利用する際、運営事業者や他者に対して損害を与えた場合、会員は自己の責任と費用をもって解決するものとします。会員が第7条に基づき退会となった場合も、その責任は会員であった方に継続されるものとします。
第6条 禁止事項
1. 会員は次の各号に掲げる行為をしてはならないものとします。

(1)運営事業者又は他者の著作権、商標権等の知的財産権を侵害する行為、又は侵害するおそれのある行為。
(2)運営事業者又は他者の財産、プライバシー若しくは肖像権を侵害する行為、又は侵害するおそれのある行為。
(3)運営事業者又は他者を不当に差別若しくは誹謗中傷し、あるいはこれらへの差別又は中傷を助長し、あるいはその名誉又は信用を棄損する行為。
(4)宗教、自己啓発セミナー、無限連鎖講、マルチビジネス、その他いずれかにおいて、運営事業者が本サービスの運営上妥当ではないと判断する集団への勧誘行為。
(5)反社会的勢力への利益を供与する行為。
(6)わいせつ、児童ポルノ又は児童虐待に相当する情報を流布する行為。
(7)売買春又はこれに類する行為等の相手方を探す行為。
(8)会員間で金銭のやり取りをする行為。
(9)本人の同意を得ることなく、又は詐欺的な手段により他人の個人情報を取得する行為、若しくはそのおそれがあると運営事業者が判断する行為。
(10)自身又は他人の氏名、電話番号、住所、電子メールアドレス、その他、個人のプライバシーに関わるいずれかの情報を、本サービス内に設けられた個人情報の登録箇所以外の場所において、会員を含む不特定多数の者が閲覧可能な状態にする行為。
(11)虚偽の内容を運営事業者に申告する行為。
(12)自分以外の人物を騙り、事実に反して他の人物や組織と関係があると偽って本サービスを利用する行為。
(13)既に会員であるにも関わらず、重複して会員となる行為。又は、一個の会員として運営事業者から承認された利用資格を複数人で使用する行為。ただし、運営事業者が別途認めた場合を除く。
(14)「パスワード」、又は「パスワード」及び「会員ID」、又は登録アドレスを他人に使用させる行為。
(15)「パスワード」、又は「パスワード」及び「会員ID」を他人に知らせる行為、若しくはそのおそれのある行為。
(16)運営事業者の設備に蓄積された情報を不正に取得する行為、又はこれらを不正に書き換える行為、又はこれらを不正に消去する行為。
(17)ウィルス等の有害なコンピュータープログラム等を、運営事業者の設備又は他の会員に送信、若しくは掲載する行為。
(18)運営事業者又は他者のサーバーに負担をかける行為、若しくは、本サービスの運営やネットワーク・システムに支障を与える行為、若しくはこれらのおそれのある行為。
(19)法令、本規約、その他の諸規定等のいずれかに違反、又は違反を助長する行為、若しくは違反のおそれがあると運営事業者が判断する行為。
(20)公序良俗に反する行為、又は社会通念上ふさわしくない行為、あるいはこれらを助長し、若しくはそのおそれがあると運営事業者が判断する行為。
(21)他の会員又は本サービスに関わる人物を、自己あるいは他者の行うサービス又は事業等へ勧誘する行為。ただし運営事業者が別途認めた場合を除く。
(22)他の会員又は本サービスに関わる人物に、自己あるいは他者の行うサービス又は事業等を紹介する行為。ただし運営事業者が別途認めた場合を除く。
(23)本サービス利用料金の支払いを不正、又は虚偽を用いて減額、又は回避する行為。
(24)不正な手段を用いて本サービスを利用する行為、又はそのおそれがあると運営事業者が判断する行為。
(25)その他、運営事業者が不適切と判断する行為。
2. 会員及び会員であった方は、前項各号のいずれかの行為により運営事業者に損害等を発生させた場合、その損害及び対応に要した費用(弁護士費用を含みます)を賠償する責務を負います。

第7条 退会
1. 会員であった方が、その会員としての地位を取り消されることを「退会」といいます。
2. 会員が退会を希望する場合には、本サービス内のお問い合わせフォームにて退会意思を記載の上、送信するものとします。また、その際、第3条5項の方法により、自身が運営事業者から承認された会員本人であることを証明するものとします。
3. 前項の方法により、退会を希望する通知を運営事業者が受理した後、退会が成立します。退会にあたって別途手数料等は発生いたしません。
4. 運営事業者は会員を次の各号いずれかの理由により、運営事業者の判断によって強制的に退会させることができるものとします。(1)会員に第2条第6項の内容が適用される場合。
(2)会員が第6条第1項の禁止事項に該当する行為をした場合。
(3)その他、運営事業者が必要と認める場合。
5. 前項の規定により強制的に退会となった方に対し、運営事業者は以後一切の本サービス利用を拒絶できるものとします。
6. 会員であった方が退会となることによって生じる不利益について、運営事業者は一切の責任を負わないものとします。
7. 運営事業者は会員であった方が退会となった場合も、前払い金及び付与したポイント並びにその対価を返却いたしません。
8. 会員であった方が退会となった後、その方の本サービス利用料金、又はポイント対価等の支払い分が残っている場合、その方の支払い義務はその支払いが完了するまで継続されます。
第8条 一時停止
1. 運営事業者は次の各号いずれかの場合、個別の会員に対して本サービスの提供を一時的に停止することができます。

(1)会員に本サービス利用料金、あるいはポイント対価等の支払債務履行の延滞、又は支払い拒否があった場合 。
(2)運営事業者、又はクレジットカード会社、又は金融機関等に対して、会員が指定したクレジットカードや支払口座の利用停止あるいは利用限度額超過等の問題が発覚した場合。
(3)第6条第1項の禁止事項のいずれかに違反した場合。又は本規約及び本サービスにおける諸規定のいずれかに抵触する場合、あるいはそのおそれがあると運営事務局が判断した場合。
(4)本サービスの維持のため、又は運営事業者の利益を守るために必要性があると、運営事業者が判断した場合。
(5)その他運営事業者が必要と認める場合。

第9条 個人情報・通信の秘密
1. 運営事業者は、本サービスの提供を通して知り得た会員の個人情報及び通信内容等を、本サービス上に定める「プライバシーポリシー」又は「個人情報保護」の指針に基づき適切に扱うものとします。
2. 運営事業者は次の各号に定めるいずれかの場合には、その必要に応じて個人情報及び通信内容等の閲覧・保存・開示を行えるものとします。(1)本サービスのサービス内容向上等の目的で個人情報を集計及び分析等する場合。
(2)前号の集計及び分析等により得られたものを、個人を特定できない様式にて提携先等に提供する場合。
(3)本サービスの営業譲渡が行われ、譲渡先に対して会員情報その他の権利義務が引き継がれる場合。
(4)会員等当事者から任意に開示の同意を得た場合。
(5)裁判所の発する令状その他裁判所の決定、命令又は法令に基づき開示する場合。
(6)検察・警察・監督官庁からの適法・適式な情報の照会があった場合。
(7)会員又は他人の生命、身体又は財産の保護のために必要があると運営者事業者が判断し、その必要な範囲内で開示をする場合。
(8)本サービスの維持のため、又は運営事業者の利益を守るために必要性があると、運営事業者が判断した場合。
第10条 利用料金・ポイント
1. 本サービスへの登録及び一部の機能は無料とします。
2. 本サービスにおける一部の機能は有償とし、本サービス上に記載された利用料金、又はポイントと引換えに会員へ提供されます。
3. 本サービスにおける各有償機能の提供が、利用料金あるいはポイントのいずれとの引換えによって行われるかは、本サービス上において運営事業者が定めるものとします。
4. ポイントには運営事業者が任意に会員へ付与する「サービスポイント」と、会員の支払う対価に応じて運営事業者が会員へ付与する「通常ポイント」があります。
5. 「通常ポイント」の対価及びその支払い方法は、運営事業者が本サービス上に定めるものとします。
6. 本サービスの利用料金及び「通常ポイント」の対価の支払いにおいて、運営事業者の定めるクレジットカード決済、又は各種電子マネー決済、その他金融機関を通じた決済等の指定がある場合、会員は当該決済方法を提供する事業者(以下「決済事業者」といいます)の定める規約に基づき、支払いを行うものとします。
7. 会員と決済事業者の間で紛争等が生じた場合、会員と決済事業者の双方で解決するものとし、運営事業者は一切責任を負わないものとします。
8. 本サービスの利用料金及び「通常ポイント」の対価の支払いにおいて、別途手数料等が発生する場合、会員が負担するものとします。
9. ポイントは運営事業者から付与された日が属する歴月の5ヵ月後の末日を有効期限とします。運営事業者は有効期限終了後のポイントの有効性を保証しません。
10. 本サービスの諸規定、又は本サービス上の記載のいずれかにおいて別途定めがある場合、前項の最長期間の範囲内で別途定められた日数が有効期限として優先して適用されます。
11. 運営事業者は次の各号に定めるいずれかの場合には、会員へのポイント付与を保留若しくは拒否することができます。(1)会員が退会となった場合。
(2)会員が第8条に基づく一時停止の状態になった場合。
(3)会員に本サービス利用料金、あるいはポイント対価等の支払債務履行の延滞、又は支払い拒否があった場合 。
(4)運営事業者、又はクレジットカード会社、又は金融機関等に対して会員が指定した、クレジットカードや支払口座の利用停止あるいは利用限度額超過等の問題が発覚した場合。
(5)第6条第1項の禁止事項のいずれかに違反した場合。又は本規約及び本サービスにおける諸規定のいずれかに抵触する場合、あるいはそのおそれがあると運営事務局が判断した場合。
(6)本サービスの維持のため、又は運営事業者の利益を守るために必要性があると、運営事業者が判断した場合。
(7)第11条に基づき本サービスの運用を中断あるいは中止した場合。
(8)その他運営事業者が必要と認める場合。
12. 前項各号のいずれかの場合において、運営事業者が必要性があると認めた場合には、会員に付与したポイントを取り消すことができるものとします。
13. 会員が退会となった場合、未使用のポイントは失効します。
14. 運営事業者はいかなる場合も、会員あるいは会員であった方から一旦お支払いいただいた本サービス利用料金、及びポイントの対価等を払い戻しいたしません。
15. 本サービスにおいては「ポイント」を、「ポイント」あるいは「ポイント残高」若しくは「残高」と表記する場合があります。
第11条 運営について
1. 運営事業者はその都合により、本サービスをいつでも任意の理由で追加、変更、中断、終了、あるいは第三者への譲渡等することができます。
2. 本サービスを利用して会員が投稿又は通信を行ったプロフィールや画像、その他の情報に関する責任は会員自身にあります。運営事業者は会員が本サービスを利用して行った情報の投稿又は通信内容について一切の責任を負いません。
3. 本サービス上で会員が提供した情報について、運営事業者はその正確性、信頼性、安全性等を保証いたしません。
4. 本サービスを利用して会員が他者の著作権、肖像権、その他諸権利を侵害した場合、その責任は会員自身に帰属するものとし、運営事業者は一切の責任を負いません。会員が退会となった場合もその責任は会員であった方に継続されます。
5. 本サービスを利用して会員又は会員であった方が投稿したプロフィールや画像、その他の情報について、運営事業者は本サービス上あるいは本サービスの宣伝・告知等の用途において、転載又は二次利用する権利を有します。
6. 会員又は会員であった方、あるいは運営事業者以外の全ての方は、本サービスにおいて提供される情報の一部又は全部、若しくは本サービスの提供に関わるデータ等を、いかなる方法であれ運営事業者の許可なく使用、転載、及び他者へ提供することを禁じます。
7. 本サービスを利用して会員が投稿又は通信を行ったプロフィールや画像、その他の情報、あるいはそれらの履歴及び本サービスに関わるデータについて、運営事業者が本サービス運営上必要と判断した場合、会員に事前に通知することなくこれを削除する場合があります。
8. 運営事業者は次の各号に定めるいずれかの場合には、会員に事前に通知することなく本サービスの中断あるいは中止を行うことがあります。また、本サービスの中断、中止、あるいはサービス提供の遅延に起因する会員又は第三者等の損害について、運営事業者は一切の責任を負わないものとします。(1)本サービス用設備及びシステム等の保守・変更を定期的又は緊急に行う場合。
(2)火災、天災、停電等により、本サービスの提供ができなくなった場合。
(3)戦争、動乱、暴動、騒乱、労働争議、公的機関からの命令等により本サービスの提供ができなくなった場合。
(4)本サービスの提供に要するサーバー機器、又は通信回線等の故障あるいは工事、その他支障により本サービスの提供ができなくなった場合。
(5)運用上又は技術上、あるいはその他の理由により運営事業者が必要と判断した場合。
9. 前項のいずれか、あるいはその他予期せぬトラブル等により本サービスの提供ができなくなった場合、本サービスは運営事業者の都合により、中断、中止、終了することができるものとします。
10. 本サービスのシステム機器及びネットワーク環境のトラブル、又は運用上、技術上のトラブル、又は第三者による攻撃等によって本サービス及び会員に関わるデータに変更・消失等が生じた場合、あるいは本サービスの提供内容に齟齬が生じた場合、運営事業者は会員及び第三者等に生じた不利益について一切の責任を負わないものとします。
第12条 準拠法・管轄裁判所
1. 本規約の準拠法は、日本法とします。
2. 会員又は会員であった方と運営事業者の間で訴訟の必要が生じた場合、本サービス上に記載されている運営事業者の所在地を管轄する地方裁判所を、第一審の専属的合意管轄裁判所とします。